OKINAWA SIGHTSEEING MAP

観光快適度マップ

観光快適度マップは、過去のデータから人気のある観光スポット周辺の人の流れを予測します。ぜひ、沖縄の快適な旅行プランづくりにご活用ください。

詳しいMAPの使い方はこちら

選択した日時と天気から、対象スポットの混雑度を予測します。

  • 全て
  • 本島北部

    最北部やんばるエリア

  • 本島北部

    本部半島エリア

  • 本島北部

    北部エリア

  • 本島中部

    中部エリア

  • 本島南部

    那覇エリア

  • 本島南部

    南部エリア

港川ステイツサイドタウン

中部エリア

快適度レベル

※予想される天候を選ぶと、観光快適度の予測結果が変わります。ピンマークを選択で、同エリアの場所の快適度を表示します。
※イベントは同市区町村内で開催されるものを表示しています。
※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

晴 れ
曇・雨
大 雨
快適度レベル

07/18(木) 〜 07/24(水)

7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
7/25
(木)
7/26
(金)
7/27
(土)
7/28
(日)
7/29
(月)
7/30
(火)
7/31
(水)
7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時

2024年07月18日 イベント

詳細情報

住所

電話

-

営業時間

-

休業日

-

入場料

-

駐車場

-

Webサイト

-

備考

-

関連するストーリーマップ

ストーリーテーマ画像

更新:2024/03/19

文化

二童敵討の舞台を巡る旅-組踊

沖縄は「芸能の宝庫」と呼ばれるほど、様々な伝統芸能が根付いています。 その中でも大きく「民俗芸能」と「宮廷芸能」の二つに分けることができます。民俗芸能には「エイサー」や「島唄(民謡)」があります。 宮廷芸能には琉球王国時代に首里王府が中国皇帝の使者・冊封使(さっぽうし)の歓待儀式で演じた「御冠船踊(おかんせんおどり)」や「組踊(くみおどり)」などがあります。 今回は、その中でも人気のある組踊で代表的な演目、二童敵討(にどうてきうち、ニドーティチウチ)についての物語を紹介します。 … 天下取りの野望に燃える勝連城(かつれんじょう)主の按司(アジ)[城主]、阿麻和利が登場します。彼は首里王府(しゅりおうふ)に偽りを言い、邪魔な中城城主・護佐丸を攻め滅ぼしました。その冷酷な行動には、彼の野心が強く表れています。護佐丸が倒れると同時に、彼の子供たちも阿麻和利の手によって命を落としました。その後、阿麻和利は首里王府への進攻を計画し、その勝利を祈りながら酒宴を開くなど、戦いへの執念が描かれています。 … しかし、阿麻和利が殺したと思われていた護佐丸の遺児、鶴松と亀千代の兄弟[二童]は生きていました。彼らは落城の際に敵の目を逃れ、母のもとで成長しました。復讐の機会を窺いながら、阿麻和利の野遊びを知り、仇討ちに向かう覚悟を決めます。ここで物語は緊迫感と期待感を帯び、新たな展開へと進んでいきます。 … 阿麻和利一行が酒盛りを楽しんでいる中、踊り子に変装した鶴松と亀千代が登場します。阿麻和利は2人に踊りを披露させ、その腕前に喜びを見せます。褒美として、大団扇や太刀、羽織などを与える阿麻和利。しかし、その油断を突き、2人は丸腰の阿麻和利に立ち向かい、父の仇を討つことに成功します。この展開は劇的であり、復讐の果てに正義が勝利するという物語となっています。 … 国立劇場沖縄で行われる「天下取りの舞台」では、仮面の踊り子に変装した二童が阿麻和利と対峙する場面が迫力満点に演じられます。 二童の阿麻和利への感情を揺さぶる踊りや、彼によって褒美として与えられた大団扇や太刀、最終的に丸腰になった阿麻和利に立ち向かう瞬間は感動的で観客を圧倒します。 国立劇場沖縄で、この感動のストーリーをぜひご体験ください。 …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/03/20

自然

親子で巡る沖縄の旅

家族旅行は、子供だけでなくお父さんお母さんも一緒になって満喫したいもの。沖縄では親子で楽しめるスポットがたくさんあります。大自然の中で様々なアクティビティを楽しんだり、動物と触れ合ったり、沖縄の文化を感じたりと、普段なかなかできない体験は、きっと家族のかけがえのない思い出になること間違いなしです。 … 沖縄旅行では、日常では味わえない特別な体験が待っています。カヌーに乗ってマングローブ探検や琉球ガラス体験、そして子供と一緒にシーサー作りなど、親子で楽しめるアクティビティが盛りだくさん!海はもちろん、空や陸、地底を舞台に楽しめる沖縄は、何日あっても体験し尽くせないほどです。 … 本格的なリゾートホテルやお洒落なカフェ、アメリカンな雰囲気のショップなどがある沖縄は、日本にいながら南国リゾートを満喫することができます。ショッピングやグルメ、フォトスポット巡りなど、家族で楽しいひと時を過ごしてみませんか。 … 沖縄本島は、大きく5つのエリアに分かれ、南の端から北の端まで見どころ満載です。繁華街がある「那覇エリア」、沖縄の神話と歴史を感じる「南部エリア」、アメリカの文化が楽しめる「中部エリア」、ホテルやビーチが並ぶリゾート地「西海岸エリア」、亜熱帯林が広がる「北部エリア」など、エリアごとに異なる魅力があります。 … 沖縄は一年を通して温暖で過ごしやすい気候ですが、日差しや天候に備えて折り畳み傘や帽子があると安心です。また、離島に行く場合は、消耗品も忘れずに準備しましょう。安心して快適な旅行を楽しんでください! …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/05/20

工芸

沖縄工芸の旅路

沖縄の伝統工芸は、琉球時代から継承されてきた多様で美しい工芸品が数多くあり、染織物、焼き物、漆器、シーサー、琉球ガラスなどがその代表的な例です。これらの工芸品は、地域ごとや身分によって異なる特色を持ち、沖縄のアイデンティティと歴史を反映しています。 … 琉球王国の中心地である首里では、王族や貴族向けに格式高い工芸品が作られました。一方で、庶民階級に広く愛用された工芸品は独自の気候風土に対応していきました。これらの工芸品は沖縄の豊かな文化や歴史を伝える手段として重要な役割を担います。 … 琉球王朝の繁栄期には文化的にも栄え、東南アジアや中国との交流から独自の工芸品が多数生み出されました。それらのルーツは、古代エジプトやシルクロードの交易を経て琉球に伝わったとされています。 現在では伝統的な技術と最新のデザインを融合した作品も多く、その幅広いバリエーションを楽しめます。 … 沖縄を訪れた際には、お土産として工芸品を手に入れるだけでなく、実際に伝統工芸品を作る体験もおすすめです。職人の技術や伝統的な製法を学びながら、自分自身で作品を制作することで、工芸品の深い魅力を肌で感じることができます。 … 沖縄の工芸品は、伝統と現代的な要素を組み合わせ、独自のアイデンティティを築いています。 これらの工芸品は沖縄の歴史や文化を伝えるだけでなく、新しい時代においても創造的な表現として注目を集めています。 …

快適度予測から快適に過ごせるスポット

※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

美浜アメリカンビレッジ・読谷エリア観光ガイドマップ

カタログサムネイル

おじゃりやれ南大東 パンフレット

南大東
カタログサムネイル

久米島町_ガイドブック_日本語

久米島町
カタログサムネイル

久米島町_ガイドブック_English

久米島
画像が見つからない

読谷村ガイドマップ_表

読谷村

アンケートご協力のお願い

SNSでシェア

LINE
FACEBOOK
TWITTER
TOPへ