OKINAWA SIGHTSEEING MAP

観光快適度マップ

観光快適度マップは、過去のデータから人気のある観光スポット周辺の人の流れを予測します。ぜひ、沖縄の快適な旅行プランづくりにご活用ください。

詳しいMAPの使い方はこちら

選択した日時と天気から、対象スポットの混雑度を予測します。

  • 全て
  • 本島北部

    最北部やんばるエリア

  • 本島北部

    本部半島エリア

  • 本島北部

    北部エリア

  • 本島中部

    中部エリア

  • 本島南部

    那覇エリア

  • 本島南部

    南部エリア

栄町

那覇エリア

快適度レベル

※予想される天候を選ぶと、観光快適度の予測結果が変わります。ピンマークを選択で、同エリアの場所の快適度を表示します。
※イベントは同市区町村内で開催されるものを表示しています。
※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

晴 れ
曇・雨
大 雨
快適度レベル

07/18(木) 〜 07/24(水)

7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
7/25
(木)
7/26
(金)
7/27
(土)
7/28
(日)
7/29
(月)
7/30
(火)
7/31
(水)
7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時

2024年07月18日 イベント

詳細情報

住所

電話

-

営業時間

-

休業日

-

入場料

-

駐車場

-

Webサイト

-

備考

-

関連するストーリーマップ

ストーリーテーマ画像

更新:2024/05/20

工芸

沖縄工芸の旅路

沖縄の伝統工芸は、琉球時代から継承されてきた多様で美しい工芸品が数多くあり、染織物、焼き物、漆器、シーサー、琉球ガラスなどがその代表的な例です。これらの工芸品は、地域ごとや身分によって異なる特色を持ち、沖縄のアイデンティティと歴史を反映しています。 … 琉球王国の中心地である首里では、王族や貴族向けに格式高い工芸品が作られました。一方で、庶民階級に広く愛用された工芸品は独自の気候風土に対応していきました。これらの工芸品は沖縄の豊かな文化や歴史を伝える手段として重要な役割を担います。 … 琉球王朝の繁栄期には文化的にも栄え、東南アジアや中国との交流から独自の工芸品が多数生み出されました。それらのルーツは、古代エジプトやシルクロードの交易を経て琉球に伝わったとされています。 現在では伝統的な技術と最新のデザインを融合した作品も多く、その幅広いバリエーションを楽しめます。 … 沖縄を訪れた際には、お土産として工芸品を手に入れるだけでなく、実際に伝統工芸品を作る体験もおすすめです。職人の技術や伝統的な製法を学びながら、自分自身で作品を制作することで、工芸品の深い魅力を肌で感じることができます。 … 沖縄の工芸品は、伝統と現代的な要素を組み合わせ、独自のアイデンティティを築いています。 これらの工芸品は沖縄の歴史や文化を伝えるだけでなく、新しい時代においても創造的な表現として注目を集めています。 …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/05/20

文化

東御廻り聖地巡礼

「東御廻り(あがりうまーい)」は、沖縄の豊かな歴史と文化を象徴する巡礼の旅です。この行事は、昔、二ライカナイから南の島へ訪れた創造神アマミキヨの伝説から着想を得ています。アマミキヨはグスクを建設し、稲作を始め、島の文明を築き上げました。時間が経過すると、彼女は祖霊神として御嶽で尊崇され、沖縄の国家安泰や五穀豊穣の象徴として敬われるようになりました。 … アマミキヨと「東御回り」の関連性は、この巡礼がアマミキヨの精神と教えを反映している点にあります。彼女が創り上げた文化と自然との調和の価値観は、「東御回り」の旅を通じて体現されます。巡礼者は、アマミキヨが歩んだとされる霊地を訪れることで、彼女の精神を追体験し、沖縄の自然と祖先に対する敬愛を深めます。 … この巡礼は、太陽が昇る東方、神秘の地二ライカナイへと続く聖なる方角への旅で、アマミキヨが渡来したとされる霊地を訪れます。 首里から始まり、与那原、佐敷、知念、玉城など東四間切の地域に点在する聖地を結びます。 もともと国王の祈りの旅として始まったこの伝統は、やがて王族、士族、そして島の人々にも広まりました。 … 聞得大君は、この巡礼において重要な役割を果たしました。 彼女は国の祭祀を統括し、斎場御嶽での「御新下り」儀式を通じて巡礼を指導しました。 国王による巡礼は後に廃止されましたが、聞得大君による巡礼は続き、琉球の精神文化を支える重要な要素として残りました。 … 現代の「東御回り」は、園比屋武御嶽を出発点とし、御殿山、親川、場天御嶽、佐敷グスク、テダ御川、斎場御嶽、知念グスク、知念大川、受水・走水、ヤハラヅカサ、浜川御嶽、ミントングスク、玉城城址を含む14の聖地を巡るものです。 … これらの場所は、それぞれ独自の歴史と神秘を保ち、琉球の文化を現代に伝えます。この巡礼は、ただの観光を超えて、沖縄の歴史と文化への深い理解、自然と祖先への尊敬を育む旅となっており、健康と癒やしを求める多くの人々に愛されています。 …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/05/20

グルメ

沖縄酔い処放浪記

沖縄の酔い処(よいどころ)は、那覇や沖縄市、名護など、様々な場所で楽しむことができ、各地の酒場で異なる沖縄の雰囲気が楽しめます。島の歴史と文化が融合した場所で、琉球王朝時代からの伝統的な酒文化が今も受け継がれ、地元の人々や観光客に愛されています。また、アメリカや異国との交流から影響を受け、沖縄独自のチャンプルー文化から生まれた居酒屋やバーなども混在しています。 … 沖縄の各地の酒場では、郷土料理や沖縄の新鮮な海の幸に合わせて、地元の泡盛やビールが楽しめます。特に、オリオンビールや種類豊富な泡盛の飲み比べ、ハブ酒等が代表的で地元の人はもちろん、観光客にも人気です。 … 郷土料理の「島ラッキョウ」や「海ブドウ」、家庭料理として有名な島豆腐を使った「チャンプルー」や、沖縄グルメに欠かせない豚肉を使った「ラフテー」などを提供するお店も多く見られ、街角で地元の味を気軽に楽しむことができます。 … 居酒屋やバーは、親しみやすい雰囲気で地元の人々や観光客同士が交流する場面を目にします。常連客やおじーおばーから沖縄にまつわる話も聞くことができるかもしれません。食を楽しむだけでなく、地元の人とゆっくりした時間を過ごせることも、沖縄酔い処の魅力の一つです。 … 沖縄の酔い処では、タイミングによって地域の人たちと観光客が一緒に楽しめるイベントが開催される場所があります。商店街には屋台が立ち並び、地元アーティストによる音楽ライブやパフォーマンスが楽しめ、沖縄ならではの雰囲気を存分に感じることができます。 …

快適度予測から快適に過ごせるスポット

※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

美浜アメリカンビレッジ・読谷エリア観光ガイドマップ

画像が見つからない

国頭村ガイドブック_ENGLISH

国頭村
画像が見つからない

渡名喜村_ガイドブック

渡名喜村
画像が見つからない

石垣市ガイドマップ_English

石垣市
画像が見つからない

宜野座村パンフレット_宿泊

宜野座村

アンケートご協力のお願い

SNSでシェア

LINE
FACEBOOK
TWITTER
TOPへ