OKINAWA SIGHTSEEING MAP

観光快適度マップ

観光快適度マップは、過去のデータから人気のある観光スポット周辺の人の流れを予測します。ぜひ、沖縄の快適な旅行プランづくりにご活用ください。

詳しいMAPの使い方はこちら

選択した日時と天気から、対象スポットの混雑度を予測します。

  • 全て
  • 本島北部

    最北部やんばるエリア

  • 本島北部

    本部半島エリア

  • 本島北部

    北部エリア

  • 本島中部

    中部エリア

  • 本島南部

    那覇エリア

  • 本島南部

    南部エリア

備瀬のフクギ並木

本部半島エリア

快適度レベル

※予想される天候を選ぶと、観光快適度の予測結果が変わります。ピンマークを選択で、同エリアの場所の快適度を表示します。
※イベントは同市区町村内で開催されるものを表示しています。
※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

晴 れ
曇・雨
大 雨
快適度レベル

07/18(木) 〜 07/24(水)

7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
7/25
(木)
7/26
(金)
7/27
(土)
7/28
(日)
7/29
(月)
7/30
(火)
7/31
(水)
7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時

2024年07月18日 イベント

詳細情報

住所

電話

-

営業時間

-

休業日

-

入場料

-

駐車場

-

Webサイト

-

備考

-

関連するストーリーマップ

ストーリーテーマ画像

更新:2024/03/24

歴史

太平洋戦争の足跡と平和への祈り

1879年の琉球処分によって「沖縄県」となって以降、急速に進められた同化政策によって、日本本土との一体感が強まっていました。そのような中、太平洋戦争が始まり、多くの住民を巻き込む激しい地上戦の戦場となりました。 … アメリカ軍の砲爆撃があまりにすさまじく、「鉄の暴風」が吹き荒れたとまで表現された沖縄戦。この戦闘は、20万人の命を奪いました。そのうち、住民の犠牲は9万4千人に上ります … 沖縄戦では中学生、女学校生など10代の若者が戦場に動員され、戦死や集団自決に追い込まれました。男子学生は、伝令や弾薬など物資の運搬などに、女学校生は、軍病院などで負傷兵の看護などに当たらされました。 … 1945年6月、牛島司令官の自決により日本軍の組織的な抵抗は終わります。 第二次世界大戦で沖縄は多くの犠牲者を出しました。終戦後はアメリカによる統治が始まり、基地問題などに直面しましたがアメリカ統治下での文化的変容も見られました。 … 1972年に沖縄が日本に復帰。基地問題などの課題は未だに続いていますが、沖縄から世界へ平和の声をつなげ、二度と沖縄を戦場にさせないために、核兵器の廃絶、戦争の放棄、恒久平和の確立を訴え続けています …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/03/29

文化

沖縄の世界遺産を巡る旅

琉球王国は15世紀半ばから始まり、約450年にわたって首里城を中心に繁栄しました。 アジアや日本の影響を受けつつも、独自の文化や信仰を持ち、現在でも城跡や建築様式を通じて、歴史的背景や人々の知恵に触れることができます。これらの 建造物は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、2000年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。 … 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は、首里城跡を含む5つの城跡と4つの関連遺跡で構成されています。首里城跡、今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡の5つのグスク(城跡)と、斎場御嶽、識名園、園比屋武御嶽石門、玉陵の4つの関連遺跡です。 これらの世界遺産は琉球王国の歴史と文化を象徴し、今も訪れる人々に琉球の魅力を伝えています。 … 琉球の世界遺産・グスク巡りは、その場所に立ち入るだけで、神聖な空気に包まれるのを感じ、パワーを貰えることでしょう。5つのグスクはすべて高台にあるので、絶景が望めるのも魅力です。城壁は、珊瑚石灰岩により造営され、美しい曲面を多用しているのが特徴です。グスクの歴史的背景や登場人物に触れることで、さらにその旅を楽しくしてくれるでしょう。 … 世界遺産を1日で巡ることは難しいため、2日以上に分けて巡ることがお勧めです! 主に北部~中部(今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡)と、首里を起点に南部を巡るコースに分け、世界遺産周辺の観光スポットと組み合わせることで、より充実した観光ができます。 … 琉球のグスク群の歴史的登場人物やエピソードは、今帰仁城跡の猛将攀安知、忠臣護佐丸の中城城跡、最後の英雄阿麻和利の勝連城跡など幾つもあります。また、これらの世界遺産でいろいろなイベントが開催されており、イベントや歴史的人物に焦点を当てた巡り方をする事で、琉球のグスク群をより楽しむことができるでしょう。 …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/03/22

グルメ

琉球料理 伝統食文化遺産の旅路

琉球料理は、琉球王朝時代に中国や薩摩への饗応料理として誕生しました。その起源は長い歴史を有し、宮廷料理として発展していきました。中国や薩摩との交流を通じ、料理技術や作法が洗練され、琉球料理は次第に上流階級から一般家庭へと広まりました。 … 琉球料理は医食同源の理念に基づき、食事と健康が密接に結びついています。亜熱帯の自然環境に適した地元の食材を使用し、豊かな生活を築くための知恵と工夫が凝縮されています。琉球の人々は手に入る材料を駆使し、独自の庶民の料理を創り出しました。 … 近年、欧米化やライフスタイルの変化が進み、沖縄の食文化も大きな変革を遂げています。食文化を支える人々の高齢化、行事食の衰退、若い世代の伝統料理離れが進行しており、伝統的な食文化が危機に瀕しています。 … この課題に対処するためには、県民が伝統的な食文化の価値を再認識し、共同で継承に取り組む必要があります。琉球料理を中心に食材や調理法、風俗習慣などを含む「伝統的な食文化」について、県民や観光客へ普及・提供し、守られるべきだという活動をしていかなければなりません。 … 沖縄の伝統的な食文化は、琉球料理を中心にしながらも多様な要素を取り入れ、未来に向けて進化し続けるでしょう。観光客もこの伝統的な食文化を通じて、琉球の歴史と風土を感じ、地元の人々との交流を楽しむことができるでしょう。 …

快適度予測から快適に過ごせるスポット

※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

美浜アメリカンビレッジ・読谷エリア観光ガイドマップ

カタログサムネイル

豊見城市観光協会_ガイドブック

豊見城市
画像が見つからない

宜野座村パンフレット_宿泊

宜野座村
画像が見つからない

中城村観光協会_飲食店マップ

中城観光協会
画像が見つからない

うるま市_勝連城跡

うるま市

アンケートご協力のお願い

SNSでシェア

LINE
FACEBOOK
TWITTER
TOPへ