OKINAWA SIGHTSEEING MAP

観光快適度マップ

観光快適度マップは、過去のデータから人気のある観光スポット周辺の人の流れを予測します。ぜひ、沖縄の快適な旅行プランづくりにご活用ください。

詳しいMAPの使い方はこちら

選択した日時と天気から、対象スポットの混雑度を予測します。

  • 全て
  • 本島北部

    最北部やんばるエリア

  • 本島北部

    本部半島エリア

  • 本島北部

    北部エリア

  • 本島中部

    中部エリア

  • 本島南部

    那覇エリア

  • 本島南部

    南部エリア

斎場御嶽周辺

南部エリア

快適度レベル

※予想される天候を選ぶと、観光快適度の予測結果が変わります。ピンマークを選択で、同エリアの場所の快適度を表示します。
※イベントは同市区町村内で開催されるものを表示しています。
※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

晴 れ
曇・雨
大 雨
快適度レベル

07/18(木) 〜 07/24(水)

7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
7/25
(木)
7/26
(金)
7/27
(土)
7/28
(日)
7/29
(月)
7/30
(火)
7/31
(水)
7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/21
(日)
7/22
(月)
7/23
(火)
7/24
(水)
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時

2024年07月18日 イベント

詳細情報

住所

電話

-

営業時間

-

休業日

-

入場料

-

駐車場

-

Webサイト

-

備考

-

関連するストーリーマップ

ストーリーテーマ画像

更新:2024/05/20

文化

東御廻り聖地巡礼

「東御廻り(あがりうまーい)」は、沖縄の豊かな歴史と文化を象徴する巡礼の旅です。この行事は、昔、二ライカナイから南の島へ訪れた創造神アマミキヨの伝説から着想を得ています。アマミキヨはグスクを建設し、稲作を始め、島の文明を築き上げました。時間が経過すると、彼女は祖霊神として御嶽で尊崇され、沖縄の国家安泰や五穀豊穣の象徴として敬われるようになりました。 … アマミキヨと「東御回り」の関連性は、この巡礼がアマミキヨの精神と教えを反映している点にあります。彼女が創り上げた文化と自然との調和の価値観は、「東御回り」の旅を通じて体現されます。巡礼者は、アマミキヨが歩んだとされる霊地を訪れることで、彼女の精神を追体験し、沖縄の自然と祖先に対する敬愛を深めます。 … この巡礼は、太陽が昇る東方、神秘の地二ライカナイへと続く聖なる方角への旅で、アマミキヨが渡来したとされる霊地を訪れます。 首里から始まり、与那原、佐敷、知念、玉城など東四間切の地域に点在する聖地を結びます。 もともと国王の祈りの旅として始まったこの伝統は、やがて王族、士族、そして島の人々にも広まりました。 … 聞得大君は、この巡礼において重要な役割を果たしました。 彼女は国の祭祀を統括し、斎場御嶽での「御新下り」儀式を通じて巡礼を指導しました。 国王による巡礼は後に廃止されましたが、聞得大君による巡礼は続き、琉球の精神文化を支える重要な要素として残りました。 … 現代の「東御回り」は、園比屋武御嶽を出発点とし、御殿山、親川、場天御嶽、佐敷グスク、テダ御川、斎場御嶽、知念グスク、知念大川、受水・走水、ヤハラヅカサ、浜川御嶽、ミントングスク、玉城城址を含む14の聖地を巡るものです。 … これらの場所は、それぞれ独自の歴史と神秘を保ち、琉球の文化を現代に伝えます。この巡礼は、ただの観光を超えて、沖縄の歴史と文化への深い理解、自然と祖先への尊敬を育む旅となっており、健康と癒やしを求める多くの人々に愛されています。 …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/03/29

文化

沖縄の世界遺産を巡る旅

琉球王国は15世紀半ばから始まり、約450年にわたって首里城を中心に繁栄しました。 アジアや日本の影響を受けつつも、独自の文化や信仰を持ち、現在でも城跡や建築様式を通じて、歴史的背景や人々の知恵に触れることができます。これらの 建造物は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、2000年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。 … 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は、首里城跡を含む5つの城跡と4つの関連遺跡で構成されています。首里城跡、今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡の5つのグスク(城跡)と、斎場御嶽、識名園、園比屋武御嶽石門、玉陵の4つの関連遺跡です。 これらの世界遺産は琉球王国の歴史と文化を象徴し、今も訪れる人々に琉球の魅力を伝えています。 … 琉球の世界遺産・グスク巡りは、その場所に立ち入るだけで、神聖な空気に包まれるのを感じ、パワーを貰えることでしょう。5つのグスクはすべて高台にあるので、絶景が望めるのも魅力です。城壁は、珊瑚石灰岩により造営され、美しい曲面を多用しているのが特徴です。グスクの歴史的背景や登場人物に触れることで、さらにその旅を楽しくしてくれるでしょう。 … 世界遺産を1日で巡ることは難しいため、2日以上に分けて巡ることがお勧めです! 主に北部~中部(今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡)と、首里を起点に南部を巡るコースに分け、世界遺産周辺の観光スポットと組み合わせることで、より充実した観光ができます。 … 琉球のグスク群の歴史的登場人物やエピソードは、今帰仁城跡の猛将攀安知、忠臣護佐丸の中城城跡、最後の英雄阿麻和利の勝連城跡など幾つもあります。また、これらの世界遺産でいろいろなイベントが開催されており、イベントや歴史的人物に焦点を当てた巡り方をする事で、琉球のグスク群をより楽しむことができるでしょう。 …

ストーリーテーマ画像

更新:2024/05/20

スポーツ

空手発祥の地 沖縄

空手は、沖縄が発祥の地です。伝統的な技法が豊富で、突き、蹴り、受け、転身などの技が組み合わされます。 「型」の習得が重要で、攻守一体の技を鍛えることで、体力や忍耐力、精神力が磨かれます。沖縄空手の「型」は受けから始まるといわれており、護身の武であるとともに、礼儀正しさを重じる平和の武としての精神が表れています。 … 沖縄空手の歴史は古く、琉球王国の士族が教養として学んだ護身術「手(ティー)」が起源といわれており、首里、那覇、泊に住む士族を中心に閉鎖的に伝承されていたものが、明治時代には学校教育に取り入れられ県全土に広がりました。その後、日本本土に伝わり、日本本土や沖縄の空手家の普及活動、沖縄からの移民、米国の駐留軍との交流などを通じて世界中に普及していきました。 … 沖縄空手には様々な流派・会派が存在し、それぞれが独自の歴史や技術を持っています。代表的な分類では、首里手系、那覇手系、泊手系、上地流系、古武道があり、それぞれの道場で師匠から受け継がれた教えが守られています。沖縄の古武道(術)に流派はありませんが空手と同様に各系統会派が存在します。これらの多様性が沖縄空手の魅力を更に深めています。 … 約190カ国以上、数千万人の愛好者がいる沖縄空手は、熱心な空手家たちの努力によるもので、2020年の東京オリンピックでの追加種目は、普及に拍車をかけ、世界中で多くの子どもたちが空手を学んでいます。 競技だけでなく、大切に受け継がれてきた空手家の金言には平和の武としての「争いを起こさないための武」という精神が宿っており、沖縄の歴史と文化の中で育まれた空手の技と精神性は、未来へと続いています。 … 初心者から上級者まで様々な体験プログラムも充実しています。興味を持った方は、旅行会社やこちらで紹介する関連施設を通して実際に魅力を体験してみるのもおすすめです。空手着のレンタルもあります。 空手発祥の地・沖縄で受け継がれてきた伝統的な沖縄空手を通じてこの島の歴史や文化を理解し、「型」に込められた平和を希求する普遍的な心を感じることができるでしょう。 …

快適度予測から快適に過ごせるスポット

※あくまで過去データからの予測であり、リアルタイムの混雑状況ではありません。

美浜アメリカンビレッジ・読谷エリア観光ガイドマップ

画像が見つからない

斎場御嶽_English

南城市
カタログサムネイル

久米島町_タウンガイドブック_Deutsch

久米島町
画像が見つからない

沖縄市GO

沖縄市
カタログサムネイル

北谷町_エリアガイドマップ

北谷町

アンケートご協力のお願い

SNSでシェア

LINE
FACEBOOK
TWITTER
TOPへ