OKINAWA STORY MAP

ストーリーマップ

沖縄の歴史や文化にまつわる場所や物語が紹介されています。歴史的な遺跡や伝統的な村、重要な出来事が起こった地など、沖縄のストーリーをたどりながら旅を楽しむことができます。

条件で表示するマップを絞り込む

カテゴリ

フリーワード

12件中 1~9件表示

新着順
ストーリーテーマ画像

更新: 2024/05/20

沖縄工芸の旅路

沖縄の伝統工芸は、琉球時代から継承されてきた多様で美しい工芸品が数多くあり、染織物、焼き物、漆器、シーサー、琉球ガラスなどがその代表的な例です。これらの工芸品は、地域ごとや身分によって異なる特色を持ち、沖縄のアイデンティティと歴史を反映しています。 … 琉球王国の中心地である首里では、王族や貴族向けに格式高い工芸品が作られました。一方で、庶民階級に広く愛用された工芸品は独自の気候風土に対応していきました。これらの工芸品は沖縄の豊かな文化や歴史を伝える手段として重要な役割を担います。 … 琉球王朝の繁栄期には文化的にも栄え、東南アジアや中国との交流から独自の工芸品が多数生み出されました。それらのルーツは、古代エジプトやシルクロードの交易を経て琉球に伝わったとされています。 現在では伝統的な技術と最新のデザインを融合した作品も多く、その幅広いバリエーションを楽しめます。 … 沖縄を訪れた際には、お土産として工芸品を手に入れるだけでなく、実際に伝統工芸品を作る体験もおすすめです。職人の技術や伝統的な製法を学びながら、自分自身で作品を制作することで、工芸品の深い魅力を肌で感じることができます。 … 沖縄の工芸品は、伝統と現代的な要素を組み合わせ、独自のアイデンティティを築いています。 これらの工芸品は沖縄の歴史や文化を伝えるだけでなく、新しい時代においても創造的な表現として注目を集めています。 …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/05/20

沖縄酔い処放浪記

沖縄の酔い処(よいどころ)は、那覇や沖縄市、名護など、様々な場所で楽しむことができ、各地の酒場で異なる沖縄の雰囲気が楽しめます。島の歴史と文化が融合した場所で、琉球王朝時代からの伝統的な酒文化が今も受け継がれ、地元の人々や観光客に愛されています。また、アメリカや異国との交流から影響を受け、沖縄独自のチャンプルー文化から生まれた居酒屋やバーなども混在しています。 … 沖縄の各地の酒場では、郷土料理や沖縄の新鮮な海の幸に合わせて、地元の泡盛やビールが楽しめます。特に、オリオンビールや種類豊富な泡盛の飲み比べ、ハブ酒等が代表的で地元の人はもちろん、観光客にも人気です。 … 郷土料理の「島ラッキョウ」や「海ブドウ」、家庭料理として有名な島豆腐を使った「チャンプルー」や、沖縄グルメに欠かせない豚肉を使った「ラフテー」などを提供するお店も多く見られ、街角で地元の味を気軽に楽しむことができます。 … 居酒屋やバーは、親しみやすい雰囲気で地元の人々や観光客同士が交流する場面を目にします。常連客やおじーおばーから沖縄にまつわる話も聞くことができるかもしれません。食を楽しむだけでなく、地元の人とゆっくりした時間を過ごせることも、沖縄酔い処の魅力の一つです。 … 沖縄の酔い処では、タイミングによって地域の人たちと観光客が一緒に楽しめるイベントが開催される場所があります。商店街には屋台が立ち並び、地元アーティストによる音楽ライブやパフォーマンスが楽しめ、沖縄ならではの雰囲気を存分に感じることができます。 …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/05/20

東御廻り聖地巡礼

「東御廻り(あがりうまーい)」は、沖縄の豊かな歴史と文化を象徴する巡礼の旅です。この行事は、昔、二ライカナイから南の島へ訪れた創造神アマミキヨの伝説から着想を得ています。アマミキヨはグスクを建設し、稲作を始め、島の文明を築き上げました。時間が経過すると、彼女は祖霊神として御嶽で尊崇され、沖縄の国家安泰や五穀豊穣の象徴として敬われるようになりました。 … アマミキヨと「東御回り」の関連性は、この巡礼がアマミキヨの精神と教えを反映している点にあります。彼女が創り上げた文化と自然との調和の価値観は、「東御回り」の旅を通じて体現されます。巡礼者は、アマミキヨが歩んだとされる霊地を訪れることで、彼女の精神を追体験し、沖縄の自然と祖先に対する敬愛を深めます。 … この巡礼は、太陽が昇る東方、神秘の地二ライカナイへと続く聖なる方角への旅で、アマミキヨが渡来したとされる霊地を訪れます。 首里から始まり、与那原、佐敷、知念、玉城など東四間切の地域に点在する聖地を結びます。 もともと国王の祈りの旅として始まったこの伝統は、やがて王族、士族、そして島の人々にも広まりました。 … 聞得大君は、この巡礼において重要な役割を果たしました。 彼女は国の祭祀を統括し、斎場御嶽での「御新下り」儀式を通じて巡礼を指導しました。 国王による巡礼は後に廃止されましたが、聞得大君による巡礼は続き、琉球の精神文化を支える重要な要素として残りました。 … 現代の「東御回り」は、園比屋武御嶽を出発点とし、御殿山、親川、場天御嶽、佐敷グスク、テダ御川、斎場御嶽、知念グスク、知念大川、受水・走水、ヤハラヅカサ、浜川御嶽、ミントングスク、玉城城址を含む14の聖地を巡るものです。 … これらの場所は、それぞれ独自の歴史と神秘を保ち、琉球の文化を現代に伝えます。この巡礼は、ただの観光を超えて、沖縄の歴史と文化への深い理解、自然と祖先への尊敬を育む旅となっており、健康と癒やしを求める多くの人々に愛されています。 …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/05/20

空手発祥の地 沖縄

空手は、沖縄が発祥の地です。伝統的な技法が豊富で、突き、蹴り、受け、転身などの技が組み合わされます。 「型」の習得が重要で、攻守一体の技を鍛えることで、体力や忍耐力、精神力が磨かれます。沖縄空手の「型」は受けから始まるといわれており、護身の武であるとともに、礼儀正しさを重じる平和の武としての精神が表れています。 … 沖縄空手の歴史は古く、琉球王国の士族が教養として学んだ護身術「手(ティー)」が起源といわれており、首里、那覇、泊に住む士族を中心に閉鎖的に伝承されていたものが、明治時代には学校教育に取り入れられ県全土に広がりました。その後、日本本土に伝わり、日本本土や沖縄の空手家の普及活動、沖縄からの移民、米国の駐留軍との交流などを通じて世界中に普及していきました。 … 沖縄空手には様々な流派・会派が存在し、それぞれが独自の歴史や技術を持っています。代表的な分類では、首里手系、那覇手系、泊手系、上地流系、古武道があり、それぞれの道場で師匠から受け継がれた教えが守られています。沖縄の古武道(術)に流派はありませんが空手と同様に各系統会派が存在します。これらの多様性が沖縄空手の魅力を更に深めています。 … 約190カ国以上、数千万人の愛好者がいる沖縄空手は、熱心な空手家たちの努力によるもので、2020年の東京オリンピックでの追加種目は、普及に拍車をかけ、世界中で多くの子どもたちが空手を学んでいます。 競技だけでなく、大切に受け継がれてきた空手家の金言には平和の武としての「争いを起こさないための武」という精神が宿っており、沖縄の歴史と文化の中で育まれた空手の技と精神性は、未来へと続いています。 … 初心者から上級者まで様々な体験プログラムも充実しています。興味を持った方は、旅行会社やこちらで紹介する関連施設を通して実際に魅力を体験してみるのもおすすめです。空手着のレンタルもあります。 空手発祥の地・沖縄で受け継がれてきた伝統的な沖縄空手を通じてこの島の歴史や文化を理解し、「型」に込められた平和を希求する普遍的な心を感じることができるでしょう。 …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/03/29

沖縄の世界遺産を巡る旅

琉球王国は15世紀半ばから始まり、約450年にわたって首里城を中心に繁栄しました。 アジアや日本の影響を受けつつも、独自の文化や信仰を持ち、現在でも城跡や建築様式を通じて、歴史的背景や人々の知恵に触れることができます。これらの 建造物は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、2000年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。 … 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は、首里城跡を含む5つの城跡と4つの関連遺跡で構成されています。首里城跡、今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡の5つのグスク(城跡)と、斎場御嶽、識名園、園比屋武御嶽石門、玉陵の4つの関連遺跡です。 これらの世界遺産は琉球王国の歴史と文化を象徴し、今も訪れる人々に琉球の魅力を伝えています。 … 琉球の世界遺産・グスク巡りは、その場所に立ち入るだけで、神聖な空気に包まれるのを感じ、パワーを貰えることでしょう。5つのグスクはすべて高台にあるので、絶景が望めるのも魅力です。城壁は、珊瑚石灰岩により造営され、美しい曲面を多用しているのが特徴です。グスクの歴史的背景や登場人物に触れることで、さらにその旅を楽しくしてくれるでしょう。 … 世界遺産を1日で巡ることは難しいため、2日以上に分けて巡ることがお勧めです! 主に北部~中部(今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡)と、首里を起点に南部を巡るコースに分け、世界遺産周辺の観光スポットと組み合わせることで、より充実した観光ができます。 … 琉球のグスク群の歴史的登場人物やエピソードは、今帰仁城跡の猛将攀安知、忠臣護佐丸の中城城跡、最後の英雄阿麻和利の勝連城跡など幾つもあります。また、これらの世界遺産でいろいろなイベントが開催されており、イベントや歴史的人物に焦点を当てた巡り方をする事で、琉球のグスク群をより楽しむことができるでしょう。 …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/03/24

太平洋戦争の足跡と平和への祈り

1879年の琉球処分によって「沖縄県」となって以降、急速に進められた同化政策によって、日本本土との一体感が強まっていました。そのような中、太平洋戦争が始まり、多くの住民を巻き込む激しい地上戦の戦場となりました。 … アメリカ軍の砲爆撃があまりにすさまじく、「鉄の暴風」が吹き荒れたとまで表現された沖縄戦。この戦闘は、20万人の命を奪いました。そのうち、住民の犠牲は9万4千人に上ります … 沖縄戦では中学生、女学校生など10代の若者が戦場に動員され、戦死や集団自決に追い込まれました。男子学生は、伝令や弾薬など物資の運搬などに、女学校生は、軍病院などで負傷兵の看護などに当たらされました。 … 1945年6月、牛島司令官の自決により日本軍の組織的な抵抗は終わります。 第二次世界大戦で沖縄は多くの犠牲者を出しました。終戦後はアメリカによる統治が始まり、基地問題などに直面しましたがアメリカ統治下での文化的変容も見られました。 … 1972年に沖縄が日本に復帰。基地問題などの課題は未だに続いていますが、沖縄から世界へ平和の声をつなげ、二度と沖縄を戦場にさせないために、核兵器の廃絶、戦争の放棄、恒久平和の確立を訴え続けています …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/03/23

琉球神聖領域からの導き

沖縄は、古くから拝みの文化を大切にしてきました。数多くの拝所が各地に残り、特に琉球の神聖な巡礼地があります。この地域には、神々の降臨や島々の創造を伝える聖地が点在し、琉球神話の神々が崇拝されています。 … 琉球の巡礼地は、主に熊野神を祀る神社で構成されています。その中には、南城市の久高島や沖縄本島の大石林山など、神聖な地に位置するものがあります。これらの巡礼地は、歴史的な経緯や伝説に裏打ちされた独自の信仰を持ち、多くの人々がその神威を頼りにします。 … 琉球の巡礼地の起源は、琉球時代の臨済宗と真言宗の影響下にあります。王府から特別な扱いを受けた寺院に併設された神社が、琉球の巡礼地として知られています。これらの神社は、神道と仏教の融合を象徴し、沖縄の宗教文化の豊かさを示しています。 … 沖縄の神社の数は他の地域に比べて少ないですが、その代わりに拝所が数多く存在します。琉球の歴史的背景や文化的遺産が、この地域の宗教的風景を形作っています。琉球の巡礼地は、沖縄の信仰と歴史の重要な一部であり、その神聖な巡礼は多くの人々に感動と敬意を与えています。 … このように、琉球神聖領域からの導きは、沖縄の信仰と歴史を感じさせる重要な要素であり、多くの人々に永遠の魅力を提供しています。 …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/03/22

琉球料理 伝統食文化遺産の旅路

琉球料理は、琉球王朝時代に中国や薩摩への饗応料理として誕生しました。その起源は長い歴史を有し、宮廷料理として発展していきました。中国や薩摩との交流を通じ、料理技術や作法が洗練され、琉球料理は次第に上流階級から一般家庭へと広まりました。 … 琉球料理は医食同源の理念に基づき、食事と健康が密接に結びついています。亜熱帯の自然環境に適した地元の食材を使用し、豊かな生活を築くための知恵と工夫が凝縮されています。琉球の人々は手に入る材料を駆使し、独自の庶民の料理を創り出しました。 … 近年、欧米化やライフスタイルの変化が進み、沖縄の食文化も大きな変革を遂げています。食文化を支える人々の高齢化、行事食の衰退、若い世代の伝統料理離れが進行しており、伝統的な食文化が危機に瀕しています。 … この課題に対処するためには、県民が伝統的な食文化の価値を再認識し、共同で継承に取り組む必要があります。琉球料理を中心に食材や調理法、風俗習慣などを含む「伝統的な食文化」について、県民や観光客へ普及・提供し、守られるべきだという活動をしていかなければなりません。 … 沖縄の伝統的な食文化は、琉球料理を中心にしながらも多様な要素を取り入れ、未来に向けて進化し続けるでしょう。観光客もこの伝統的な食文化を通じて、琉球の歴史と風土を感じ、地元の人々との交流を楽しむことができるでしょう。 …

このストーリーマップを表示

ストーリーテーマ画像

更新: 2024/03/21

沖縄の聖地・秘境巡り

海と緑に囲まれ、自然の強いエネルギーを感じる沖縄は、その美しい景観と独特の文化から、どこか不思議で神秘的なイメージがあります。そんな沖縄には、生命力にあふれる秘境の地や、歴史的建造物など、癒しや活力をもたらすスポットが数多く存在しています。 … 沖縄には琉球王国時代から人々の信仰を集める神聖なスポットが各所にあり、良縁や安産、長寿を祈願する人たちが多く訪れます。 静かな渓流や神秘的な洞窟、亜熱帯の自然が手付かずで残っている場所もあり、自然のパワーを存分に堪能できます。 … 有名な観光スポットになっている場所以外にも、琉球の神話や言い伝えが残り、地元の人々に親しまれる場所が点在しています。 拝所(うがんじゅ)や御嶽(うたき)はもちろん、自然あふれる秘境の地に一歩足を踏み入れると、神聖な空気に包まれるのを感じるでしょう。 … 沖縄で過ごす時間は、まるで時間がゆっくりと流れるかのように感じられます。壮大な自然、美しい海、心地よい風のささやき、そして波のやさしい音。これらの要素は訪れる人をリラックスさせ、心を穏やかにしてくれます。 … 沖縄での秘境巡りは、一味違った旅行を楽しめます。SNS映えする絶景スポットも多く、沖縄の文化と自然の恵みが共存するこの地で、心身をリフレッシュし、新たな活力を得る旅にしてませんか。 …

このストーリーマップを表示

アンケートご協力のお願い

SNSでシェア

LINE
FACEBOOK
TWITTER